• PROFILE
  • Name : nobody
HN:nobody
1974年生まれ
東京都出身
未婚の♀

疾病:
原発性甲状腺機能低下症(橋本病抗体陽性)
ボーダーラインパーソナリティー障害(高機能型)
適応障害
気管支喘息(軽度持続型)

一親等親族:
父親、母親、兄、弟
※2006年絶縁

幼少期:
父親によるドメスティックバイオレンス
母親のヒステリーと徹底的な存在否定
兄のドメスティックバイオレンス

11歳
この頃にすでに睡眠障害の傾向現れる

13歳
両親離婚
子供達は母親に引き取られる
母親のアルコール依存症に伴い、私への毎晩の虐待が始まる
兄からの暴力は幼少時から16歳まで続いた
兄、弟は母親の攻撃をかわすために私をスケープゴートにする
この頃から少しずつ、心の中に闇が溜まり始めた

13歳〜18歳
酒に酔った母親に「出て行け」「お前なんか産むんじゃなかった」「お前を産んだせいで自分の人生は台無しだ」と毎晩罵られ続ける

21歳単身で海外移住

23歳海外で不安神経症とうつ病を発症、初めてのリストカット
現地でカウンセリングを受け、急性期は克服

25歳日本帰国

26歳実家を出る
母親の「過干渉とこき下ろし」という理解不能な行動に嫌気がさした

30歳うつ病再発
会社の上司からのセクハラとパワハラにより、うつ病を発症し、失職
自傷願望に気づき、自ら病院へ

31歳入院
一旦実家へ戻るものの家族の無理解により、自ら療養施設に4ヶ月入院
療養施設から退院後、そのまま実家に戻らず自活を始める

32歳転院
それまでの病院が嫌で転院
お金が底をつきたので復職

34歳BPD診断
転院後、どのタイミングでBPDと診断されたかどうかはわからないが、
2008年9月にBPD(境界性人格障害)であることを伝えられる

36歳
派遣社員としてフルタイムで働きながら継続治療中

2009年8月
再検査を受け、BPD(境界性人格障害)が起因の適応障害との診断を受ける
ただし、BPDの程度そのものは高機能BPDの範疇とのこと

2011年1月
長引く咳風邪かと思っていたら気管支喘息だったことが判明。
また1つ持病が増えたけど、精神状態はわりと安定傾向で元気に生活中。

2014年11月
突発性難聴を発症する
聴力は回復したが、めまいと耳鳴りの治療を継続中

このブログはmelancholia's journey(過去ログ1)からのスピンアウトブログです。
鬱がメインのmerancholia's Journey(うつ病患者の旅路)
BPDメインのbpd's Journey(BPD患者の旅路)と分けました。
過去ログ2は、病気になる前からつけていたブログをこちらへ統合したものです。


BPDとして生きる私の心のうごきや、思考、変化、気づき、成長などを、
自然のまま、つぶさに綴っていけたらと思います。
私の日常が、同じ苦しみを抱える誰かのヒントになれば幸いです。

 
SEARCH
CALENDAR
NEW ENTRY
CATEGORY
RANKING & AFFILIATES
PROFILE
※ コメントについて ※
THINGS I LIKE
COMMENT
LINKS
OTHERS
ARCHIVES
PR

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.