2016.04.20 Wednesday

スポンサーサイト

  • Author : スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • - | - | - | - |

2009.08.18 Tuesday 16:18

BPDへのNGワード

皆それぞれ、言われたくない言葉ってあると思います。
でも、BPDの人には言ってはいけないNGワードがあると思います。
悪意のない何気のない一言でも、タブーな言葉があります。


あなたはBPDの恋人にこんな言葉を言ったことはありませんか?

「俺(私)くらいしか、あなたと付き合えないって」
「俺(私)以外の誰があなたと付き合えると思ってるの?」
「俺(私)の寛大さに感謝しろ」
「俺(私)以外の誰があなたのこと理解できると思っているんだ?」

あなたにとっては、愛情の裏返しの言葉かも知れません。
軽いジョークかも知れません。
または、BPDの人の感謝の薄さへの非難を交えた言葉かも知れません。

確かにBPDの人は客観的視線や、俯瞰的視野を持つことが苦手ゆえ、
相手の立場に立ったものの考え方、見方が苦手です。
それ故、大切にしてもらっても感謝の気持ちが薄かったり、その表現が表に出てこないことがあるでしょう。
どんなに愛情を注いでも、砂漠に水をまいている感覚に陥るかも知れません。
それを我慢しても付き合っているから、上のような言葉がでるのでしょう。

『こんな恋人でも我慢できるのは自分だけだ』という自尊心の表明か、
『こんな恋人でも我慢できるくらい愛情がある』という気持ちか、
どちらにせよ、その言葉はBPDの心を殺します。
BPDが受ける衝撃はあなたの想像以上です。
感情が不安定なため、自分自身への肯定感が薄いBPDの人にそんな言葉を言うことは、
逆論的に解釈されてしまうことがあります。

「俺(私)くらいしか、あなたと付き合えないって」「俺(私)以外の誰があなたと付き合えると思ってるの?」



「私はこの人以外には誰からも相手にしてもらえないんだ」「この人しか私にいないんだ(見捨てられたら私には誰もいないんだ)」

こんな風な思考になるのです。
あなたの言った言葉は、愛情表現の一部かも知れませんが、
BPDの人には脅しにさえ聞こえます。
そして、BPDの特徴の極端な白黒思考や理想化とこき下ろしへも繋がるでしょう。
BPDの人は自己肯定感、自己信頼感も薄いので、好きな人からそう言われると、
「そうなのかも・・・」と思ってしまう部分があります。

でも、その言葉は、BPDの人の自尊心を傷つけ、矮小化します。
結果、心の奥底で自己肯定したい本能と、表面の他者を信じる心がぶつかり深く傷つくのです。混乱するのです。

人から愛される自信がないBPDが、自分を思ってくれている相手、信じている相手から、
「俺(私)以外は誰もお前のこと相手にしないよ」と告げられるのです。
これは感情的虐待にもなり得るし、
意識的に言っているとすれば悪意のあるマインドコントロールです。
BPDを自分に依存させ、思い通りに言うことを聞かせるための呪文です。


あなたが本当にBPDの人を大事に思うならば、
BPDの人の心的自立を妨げる言葉を言うべきではありません。
自分がBPDの人を大切に思う気持ちをまっすぐに表現し、
また、社会の中には他にもBPDの人を理解してくれる他者がいる可能性も示唆しましょう。
他者から嫌われることを恐れるBPDに対して、「他の人なら理解しない」などと脅すのはとても残酷な行為です。
自分自身の心的価値を高めたい、自尊心を満たしたいなどの理由で、BPDの人を突き落とすのは止めましょう。

確かにBPDの人は、感情障害を持っていて、
時として、他者に害をなす存在です。
でも、それでも、BPDも人間なのです。
一個の独立した人格として尊重され、大切に扱われるべきです。

BPDの人は学びます。
その学びは幼子よりも遅々としたものかも知れません。
それでも、少しずつ学び、改善します。
自分も他者も同様に大切にするということを、ちゃんと学ぶことができるのです。

だから、どうか、BPDの可能性を潰すような言葉を言わないでください。
とても繊細で、怯えている人に、更なる脅しを加えないでください。



おてんきブログランキングをクリックしてくれると嬉しいですおてんき

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 人格障害・パーソナリティ障害へ

JUGEMテーマ:境界性人格障害




私はこの言葉を言われた時、
表面的にはにこやかに同意しましたが、
心の中はものすごく悲しかったです・・・。
「私は価値のない人間なんだ」と感じました。
そして、そんな言葉で私を傷つける人の真意が理解できず、とても困惑しました。

2016.04.20 Wednesday 16:18

スポンサーサイト

  • Author : スポンサードリンク
  • - | - | - | - |

Comment:
2012/09/22 11:35 PM, Sue wrote:
>eriさん

こんにちは。
返信がすごく遅くなってしまいすみませんでした。

そうですね。
きっと、そんな気持ちなんでしょうね。
この記事を書いた2009年当時はまだまだBPD全盛期でそんな余裕もなかったですが、今ならもっと寛容に受け止められる気がします。
2012/08/16 11:04 PM, eri wrote:
自分だけのものでいて欲しいから言うんだと思います。私が言うときはそういう気持ちがあります。どんなあなたであっても自分は凄く好きだという気持ちを伝えたいんです。でも、素直に受け取ってもらえてないと感じる事があったり、そういう部分で不満が積み重なったりすると、ちょっと皮肉った言い方になるだけなんです。だから、真意としては他の誰にも負けないぐらいあなたを好きなんだ、という意思表示に他ならないと思います。
Add a comment:









Trackback:
http://bpds-journey.jugem.jp/trackback/701
 
SEARCH
CALENDAR
NEW ENTRY
CATEGORY
RANKING & AFFILIATES
PROFILE
※ コメントについて ※
THINGS I LIKE
COMMENT
LINKS
OTHERS
ARCHIVES
PR

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.